探求学習

みんなの学校 さくらんぼ先生のひみつ基地🍒
9月から毎週火曜はクンダリーニ・ヨガ。
子ども達、随分と落ち着いて
取り組める様になってきました。が、なかなか集中が続かない様子。
時間を共に過ごしたサポーターの
ふみさんから、みんなの態度についての感想。その事について深める時間を取りました。
悪気がないのはわかるけど、
参加せずに時間を過ごすのはとてももったいない事だと思う、という話に、みんな真剣に聞き入っていました。
夏休み後の、テーマは「在り方」
子ども達の心を尊重しつつも、
サポートを続けてくれているサポーターたち。
子ども達と真摯に向きあってくれるサポーターは子ども達にとっては大きな存在。
その後、座学。
こちらも、夏休み後から始めた学びの時間。筆記用具とノートを準備して、ノートを取るところからがスタート。
近頃、やっと自ら学び、問いを深めていく「探求学習」の入り口にたつ事ができました。
今日の発表は小学6年生の男の子。お家で猫を飼っていることもあり、調べてきたのは、猫の生態系について。
そこからの出題3問。
猫の先祖は13万年前にエジプトにいた…
そのエジプトを地球儀で確認しながら、
エジプトってどんな国?
リビアヤマネコってどんなネコ?を調べてくる事が次の宿題。
彼は図鑑が大好きで、
記憶力バッチリの物知り天才君。
物作りも大好きで、将来は物作りに関わる仕事がしたいと、話してくれます。
知的好奇心に溢れている、
小学校高学年の子ども達。これからどのように成長していくのか楽しみです。





関連記事

最近の記事

  1. 原田隆史先生

  2. 日本の心の教育

  3. 学ぶということ

アーカイブ